12月 沖縄 気温

沖縄気象台によると、沖縄地方の年末年始はグッと冷え込み、荒れた天気になると予想している。30日午前6時17分、南城市糸数で最大瞬間風速26.4メートルを記録し、非常に強い北風が吹いた。今後、天気は下り坂で、本島地方では、31日は雨、最低気温は11度と1月下旬並み、最高気温 … 12月の沖縄の気温やお天気について。また、12月沖縄旅行の服装や持ち物についてご紹介します。12月沖縄の海で泳ぎたい場合は、ダイビングやシュノーケルツアーに参加がおすすめです。12月の沖縄の海を楽しめます。または、海ではなく、ホテルのプールで優雅に過ごすのもおすすめです。 ・2月中旬の気温. 2017年のデータでは、沖縄の12月最高気温は、25.5℃です。また、最低気温は13.1℃で、平均気温は18.0℃となっています。沖縄の12月の平均気温や最低気温は、上旬・中旬・下旬の順に下がっていきますが、最高気温は同程度の日が多いです。 Copyright © Pam, Inc. All Rights Reserved. 台風の時期を考えなかったためにせっかくの沖縄旅行が残念な結末を迎えるのはさけたいですね。 寒い冬に、日本の暖かい地域に旅行したい!と考える方におすすめなのが、沖縄旅行です。12月に沖縄旅行に行く際のおすすめコーデを紹介します。さらに、12月の沖縄の天気や気温、服装を考える際のポイントなども紹介します。ぜひ参考にして、沖縄旅行に出かけてくださいね。 1.沖縄:1年の気温 2.春にオススメの服装(3~5月) 3.夏にオススメの服装(6月~9月) 4.秋にオススメの服装(10月~11月) 5.冬にオススメの服装(12月~2月) おわりに 沖縄の梅雨. 日本で唯一「亜熱帯の楽園」沖縄!そんな沖縄への旅行で気になるのは、「気温・気候」とそれに合った「服装」ですよね。ここでは、12月に行く沖縄旅行でのおすすめの「服装」や「持ち物」「観光地」についてご紹介します。 12月までは薄手のパーカーなどでも平気ですが、1月の下旬から2月にかけて一気に冷え込みます。気温が極端に低いわけではありません。 沖縄の2月が寒い理由…それは風です。冬の沖縄は基本的に風が強く体感温度が低くなってしまいます。 「とぅんじーびーさー」。冬至とともに寒波がやってくることを沖縄ではこう言います。12月の最高気温は21.2℃、最低気温は16.3℃、平均気温は18.7℃。気温だけみると本土に比べてまだ暖かく、海に入れそうにも思えますが、北風が強く、特にビーチ沿いでの体感温度は下がります。海水も当然冷たくなり、とても泳げる状況ではありません。どうしてもシュノーケルやダイビングをしたい場合は、ウェットスーツ着用で海に入れますが、体感温度は寒いので、十分注意して楽しみましょう。年間を通して降水量が低い月の一つなので雨の心配はほとんど必要ありませんが、曇りがちで晴れる日は少なく「青い空、青い海」という沖縄らしい風景が見られないこともしばしば。服装は、上旬は天気が良ければ半袖で過ごせることがありますが、風が強い海周辺では羽織りものが必須。下旬ともなると冬らしい寒さになり、沖縄旅行でもコートなどの防寒着が必要になります。防寒対策としては、とにかく風を通さないものを。足元は、ロングブーツを履くほどではありませんが、肌の露出は控えることをおすすめします。タイツやストッキング、靴下に、ショートブーツや革靴、スニーカーを合わせるなど、しっかりと足を覆う靴を選んでくださいね。, 12月は、年間を通して比較的雨が降らない月。海遊びはもうできないものの、適した服装で臨めば観光を楽しめます。, 12月になると、日の出は7時前後、日の入りは17時半頃となり、沖縄でも日が短くなります。平均気温は20℃を下回り、北風の影響で体感温度はさらに下降気味。降水量は少なくなりますが、スカッと晴れる日も少なく、さらに寒く感じることでしょう。そんな冬の沖縄では、海の中に入るマリンレジャーはしばらくお休み。よほど好きな人でない限りおすすめはできません。その代わりに楽しめることといえば、イベントやイルミネーション、人気観光地巡りです。夏のハイシーズンには混み合う「斎場御嶽」や「首里城」などの世界遺産やパワースポット、「沖縄美ら海水族館」などの観光地でも、この時期ならあまり混雑しないのでゆったり見学ができます。また各地の大型リゾートホテルなどで、イルミネーションが輝き始めます。特に大規模なものには、名護市にある「カヌチャベイホテル&ヴィラズ」のスターダストファンタジア。地元の人からも人気が高い冬の風物詩です。12月にできるマリンレジャーといえば、「ホエールウォッチング」。慶良間諸島周辺の海などに、ザトウクジラが姿を現し始めます。涼しいこの時期を利用してのスポーツイベントもたくさん行われます。数多くのイベントの中でも特に大規模なものが「NAHAマラソン」。毎年12月の第1日曜日に開催され、参加者は2万5000人にも及びます。南部の5市町、42.195キロのコースを駆け抜けます。, 12月の平均気温は約18.7℃。沖縄は風が強いので、体感温度はより寒く感じます。観光の際は温かい服装で。, 12月の最高気温は21.2℃、最低気温は16.3℃、平均気温は18.7℃。気温だけみると東京の10月頃と同じなので冬とは程遠いように感じますが、油断は禁物。強い北風が吹き体感温度はグッと下がり、下旬ともなれば、まさに冬らしい寒さを実感するはずです。外出時にはくれぐれも防寒対策を忘れずに。, 沖縄の12月の紫外線は、年間を通してみるとだいぶ安定。だけど外出の際はきちんと日除け対策を。, 真夏の沖縄は強烈な日差しですが、冬の12月にはだいぶ落ち着きます。とはいえ、全国と比較すると紫外線は依然高め。札幌の9〜10月の量に匹敵します。日中外出する際は日焼け止めを塗ったり、紫外線除けの日傘を携帯したりすると万全ですね。, 年間で発生する台風は25個、26個と言われており、そのうちの7個、8個は沖縄に接近しますが、台風の遭遇率は9月を境目に落ち付きます。12月の台風の発生はほとんどないのでご安心を。とはいえ、万が一沖縄滞在中に台風に遭遇してしまった場合は、無理に宿泊先から出るのは控えましょう。台風が通過した後は吹き返しの風が強くなるため、外出時には十分気を付けましょう。また、海況が落ち着くまでに数日かかるため、船の離島便など欠航が長引く場合もあるので注意を。また、万一台風に遭遇してしまった場合に備えて、台風保険付きのツアーもあるので、心配な方はそちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。, 12月の沖縄の降水量を見てみましょう。高温多湿な亜熱帯の気候で、年間を通して降水量の多い沖縄ですが、台風発生率の高い夏期を過ぎ、一年を通じて雨量が少ない月の一つに。ただし突然のスコールに見舞われることは12月でもまれにあるので、折り畳み傘の持参をおすすめします。, ジメジメと湿度の高いイメージのある沖縄ですが、この時期は比較的カラッと過ごしやすくなります。, 沖縄は海に囲まれているため、年間を通して湿度は高くジメジメした暑さが続きますが、台風の時期が去った冬季は、湿度が下がります。梅雨時期や夏期に比べると20%近く下がるので、かなりカラッと感じられるように。12月、1月は沖縄でも乾燥には注意です。女性はお肌の保湿を忘れずに。. 12月の沖縄の気候と適した服装を紹介。最高気温は21.2℃、最低気温は16.3℃、平均気温は18.7℃で、気温だけみると本土に比べてまだ暖かく海に入れそうにも思えますが、北風が強く、特にビーチ沿いでの体感温度は下がります。 12月の沖縄の気温や、旅行する際の服装、おすすめなイベントなど、気になる情報をご紹介しております。 12月に沖縄旅行を計画されている方には、とても耳寄りな情報をご紹介しておりますので、この記事を参考にしていただき、沖縄旅行を楽しんで下さい。 国内ツアーTOP > 沖縄旅行ツアー特集TOP > 沖縄の気候と服装と持ち物 > 12月の沖縄の気候と服装と持ち物, 沖縄の気候は、本州とはガラリと変わります。1年を通してすごしやすい気候ですが、それぞれ季節に特色があります。どんな服装で過ごしたらいいの?旅支度のご参考に!, 沖縄を格安で楽しみたいなら冬場がおすすめ!沖縄といえば夏というイメージからか、夏場に観光客が集中しやすい傾向にあり、冬場は観光客が少なく飛行機代やホテル代の割引が受けられることも珍しくありません。 夏に比べると旅行代金がぐんとお得で、冬も人気の沖縄。常夏のイメージの沖縄ですが、12月~3月は沖縄も沖縄の冬を迎えています。とはいえ本州に比べて暖かい沖縄の冬って一体どんな感じなの?気温や服装は?この時期だから出来る遊びや観光ってあるの? 12月や1月というのは、年末年始を除けばかなり低相場です。 正月に沖縄旅行に出かけるという方は一定層いるため一時的に相場が上がりますが、それ以外は全体的にかなり安く旅行できます。 「ウェットスーツを着てダイビングがしたい! 12月の沖縄はイベント満載!今安いからこそ行っておきたい場所がいっぱいです!冬でも楽しめるアクティビティも見逃せません。夏は高いなぁと感じているあなたへ、安く行ける12月の沖縄でとっておきの楽しみ方お教えします♪ 暖かい気候の沖縄ですが、もちろん夏と冬では気温が異なります。特に冬は行ってみたら意外と寒かったといこともあるくらい体感温度が低いなんて日もあります。服装で辛い思いをしないようにこの記事では、沖縄の気温を1月から12月まで、年間を通した特徴を踏まえて解説します。 3月の沖縄の気候と服装、あると便利な持ち物をご紹介します。沖縄で快適な旅行をするには季節によって事前の準備が必要です。気になる3月の気温や降水量、台風情報をご覧いただき、沖縄旅行へ行く際の服装や必要な持ち物、旅行中の過ごし方の参考にどうぞ。 最高気温が35℃を超える猛暑日が少なく、日陰に入れば心地よい風が吹いてきます。 薄曇りでも安心しないで紫外線対策が必要です。 1.沖縄:1年の気温 2.春にオススメの服装(3~5月) 3.夏にオススメの服装(6月~9月) 4.秋にオススメの服装(10月~11月) 5.冬にオススメの服装(12月~2月) おわりに 12月の宮古島は、本州に比べれば、平均気温もまだ15~20度ほどあるので、比較的温暖ではあります。12月でも、ウェットスーツを着用すれば海に入ることもできます。この記事を読めば、12月の宮古島のベストな過ごし方を知ることができるので、楽しい旅行になること間違いなしです。 12月の沖縄は、太陽の光は和らぎ、海風がひんやり感じられます。比較的風が強い日が多く、体感温度としてやや低めに感じることでしょう。天候や気温の変化に注意してください。 上旬 沖縄の気候の特徴は、なんと言っても最高気温と最低気温の差が少ないと言うことです。冬の寒い時期でも最低気温は10度を下回ることはほとんどありませんが、12月から3~4月は風が強い日が多いので、体感温度は気温以上に寒く感じられることもあります。 平年の梅雨時期:梅雨入り5月9日頃 梅雨明け6月23日頃 梅雨時期でも連日雨が降り続く事はない!? 確かに雨降り日は多いのですが、梅雨と言っても雨ばかりの日が続くわけではなく、夏のような晴天が続く事も多々あります。 [12月・1月・2月]冬の沖縄の気温・服装を移住者が画像つきで紹介! 沖縄の観光シーズンって実は冬なんです。 春の沖縄はすでに暑く、夏は暑すぎて観光三昧してたら熱中症になる可能性が高く、さらに秋が過ぎるまでは台風の恐れがあります。 12月の沖縄、平均気温はだいたい20℃前後。 やはり温暖な気候ですね。 とはいえ、少しずつ気温が下がってきますのでしっかり対策が必要。 気温を確認して、上着も活用しましょう。 脱ぎ着しやすいジャケットやカーディガンを持っておくと安心です。 海の近くは冷たい風が吹くこともあるので、風を通しにくい素材が適しています。 また、観光の際には、普段より歩く時間が長くなります。 とくに首里城公園に行く方は、階段を上る機会も多いので履きなれた歩きやすい靴で行くのがおすすめですよ! 「暖 … ただ、12月と言ってもまだ海水温は23度程度あります。そのため、天候さえ良ければスキューバダイビングも十分に楽しめるのが沖縄の魅力です。但し、海から上がって船上に長時間いるのはさすがに堪えますので、寒さ対策はスキューバダイビングでも必要になります。, 日中はどうにかTシャツでやり過ごせる日もありますが、それはあくまでも日中だけの話で、無理をして薄着で過ごした結果風邪を引いてしまっては楽しむものも楽しめないでしょう。ガッチリと防寒対策をする必要性はありませんが、ジャケットや薄手のコートはあったほうが良いでしょう。特に朝晩は寒さを感じますので何らかの対策が必要です。 12月の沖縄は、台風などの影響はなく雨も少ないため、荒れた天気になることはあまりありません。平均気温は20℃を下回り、下旬になるとさすがの沖縄でも寒さを感じます。それでも海水温は23℃ほどあるため、ウェットスーツを着てダイビングやシュノーケルを楽しむことは可能。 暖かい気候の沖縄ですが、もちろん夏と冬では気温が異なります。特に冬は行ってみたら意外と寒かったといこともあるくらい体感温度が低いなんて日もあります。服装で辛い思いをしないようにこの記事では、沖縄の気温を1月から12月まで、年間を通した特徴を踏まえて解説します。 要素 気圧 (hPa) 降水量 (mm) 気温 (℃) 蒸気圧 (hPa) 相対湿度 (%) 風向・風速 (m/s) 日照時間 (時間) 全天日射量 (MJ/㎡) 雪 (cm) 雲量 台風の中心が沖縄県の気象官署から300㎞以内に入った場合を「沖縄地方に接近した台風」としてます。 また、冬は10℃を下回る事がないため過ごしやすく温暖な沖縄が満喫できます。 12月の沖縄県にお出かけでしょうか?気になるのは旅行時期の現地の天気や気温ですよね!服装選びの大きなポイントにもなります。そこでこの記事では、12月の沖縄県の気温や天気の平均データをまとめています。那覇・宮古島・名護・南大東・久米島・石垣島 12月は、だいぶ涼しくなってくるシーズン 12月は、沖縄も涼しくなってきて、ときには寒さを感じることもある時期です。 また、旅行の人もかなり少なくなってきて、沖縄のツアーなどもリーズナブルな料金設定になっています。 12月の沖縄は、台風などの影響はなく雨も少ないため、荒れた天気になることはあまりありません。平均気温は20℃を下回り、下旬になるとさすがの沖縄でも寒さを感じます。それでも海水温は23℃ほどあるため、ウェットスーツを着てダイビングやシュノーケルを楽しむことは可能。 1月下旬から2月上旬頃(旧暦12月8日のムーチー行事の頃)は強い寒波により、沖縄では最も寒くなり年最低気温が観測されることが多く、 この頃の寒気を『ムーチービーサー』と呼びます。 12月の沖縄の最高気温と最低気温の平均 12月の平均気温とはいっても、『本島』『宮古島』『石垣島』でも差がありますので、気象庁のホームページを元に、 過去30年分のデータから、最低気温、最高気温、日中の気温、それぞれの平均値を調べました。 平均気温は17.9℃、一日の最高気温は20.4℃、最低気温は15.4℃です。 2016年2月15日の朝の気温は13.4℃、昼は13.4℃、夜は12.8℃でした。1日を通して、気温も上がらず13℃前後。まさに肌寒い沖縄といえるでしょう。 ・2月下旬の気温 さすがにマリンレジャーを楽しむのは寒くて耐えられない方も多いため、12月はじっくりと観光施設などを巡るのも一つの方法です。また、意外な楽しみ方ができるのがマングローブカヤックです。最高気温は21度程ありますので、それほど寒さを感じること無くマングローブ林の中をカヤックでゆっくりと通り、沖縄の固有種の動植物を眺められるツアーは家族連れを中心に人気があります。水面から近いので、スピードはゆっくりでもそれなりにスリルを感じられるのもカヤックの魅力です。 3月の沖縄の気候と服装、あると便利な持ち物をご紹介します。沖縄で快適な旅行をするには季節によって事前の準備が必要です。気になる3月の気温や降水量、台風情報をご覧いただき、沖縄旅行へ行く際の服装や必要な持ち物、旅行中の過ごし方の参考にどうぞ。 効果の高い日焼け止めをまめに塗る事で、日焼けを防ぐようにしましょう。 12月の沖縄レディースファッションには、どんな服装が合うのでしょうか?そこで、沖縄の12月上旬・中旬・下旬の気温や天気に合う、おしゃれなレディースファッションを紹介していきます。また、12月の沖縄コーデに使いたい、おすすめアイテムなども紹介しています。 いつ来るか正確な予想は不可能に近いです。 沖縄では12月は冬のような気候なのでしょうか。ここからは平均気温や気候にあった服をご紹介していきます。12月は南国沖縄といっても冬のマリンスポーツなどをするには厳しい季節ですので、間違っても水着で泳がないようにしてください。 沖縄の12月の気温と服装。那覇空港のすぐ南側に位置する瀬長島と合わせてご紹介。2002年12月撮影。TVサイト(okinawan-tv.jp)は閉鎖しました。 12月の沖縄はのんびりと観光できるため、この時期を狙って出かけることもあるでしょう。 でも、12月の沖縄に訪れたことのない人には、これほど未知の世界はありません。 とくに、気温や服装、持ち物については、旅行前にしっかりと知り、準備しておきたいもの。 12月沖縄の気温に大注目! 12月の沖縄は、平均気温が18.7℃。 平均最高気温は21.2℃、平均最低気温は16.3℃となっています。 平均気温は17.9℃、一日の最高気温は20.4℃、最低気温は15.4℃です。 2016年2月15日の朝の気温は13.4℃、昼は13.4℃、夜は12.8℃でした。1日を通して、気温も上がらず13℃前後。まさに肌寒い沖縄といえるでしょう。 ・2月下旬の気温 ・2月中旬の気温. 12月は、だいぶ涼しくなってくるシーズン 12月は、沖縄も涼しくなってきて、ときには寒さを感じることもある時期です。 また、旅行の人もかなり少なくなってきて、沖縄のツアーなどもリーズナブルな料金設定になっています。 要素 気圧 (hPa) 降水量 (mm) 気温 (℃) 蒸気圧 (hPa) 相対湿度 (%) 風向・風速 (m/s) 日照時間 (時間) 全天日射量 (MJ/㎡) 雪 (cm) 雲量 12月の沖縄の気温やお天気について。また、12月沖縄旅行の服装や持ち物についてご紹介します。12月沖縄の海で泳ぎたい場合は、ダイビングやシュノーケルツアーに参加がおすすめです。12月の沖縄の海を楽しめます。または、海ではなく、ホテルのプールで優雅に過ごすのもおすすめです。 沖縄では12月は冬のような気候なのでしょうか。ここからは平均気温や気候にあった服をご紹介していきます。12月は南国沖縄といっても冬のマリンスポーツなどをするには厳しい季節ですので、間違っても水着で泳がないようにしてください。 12月や1月というのは、年末年始を除けばかなり低相場です。 正月に沖縄旅行に出かけるという方は一定層いるため一時的に相場が上がりますが、それ以外は全体的にかなり安く旅行できます。 「ウェットスーツを着てダイビングがしたい! 夏には日差しも強く南国特有の気候を満喫できます。周りを海で囲まれていることもあり夏でも [12月・1月・2月]冬の沖縄の気温・服装を移住者が画像つきで紹介! 沖縄の観光シーズンって実は冬なんです。 春の沖縄はすでに暑く、夏は暑すぎて観光三昧してたら熱中症になる可能性が高く、さらに秋が過ぎるまでは台風の恐れがあります。 ※接近は2か月にまたがる場合があり、各月の接近数の合計と年間の接近数とは必ずしも一致しません。, 沖縄までの距離は東京から沖縄本島まで約1,600㎞。さらに宮古諸島は沖縄本島から約300㎞、八重山諸島は沖縄本島から約400㎞~500㎞離れています。八重山諸島にある日本最西端の与那国島は台湾まで約100㎞の近さにあります。沖縄県全体では、大小約360の島がありそれぞれ自然・伝統・文化が独自のものを持っています。気候・天候も島により違います。. 旅行するシーズンによっていろいろな沖縄の一面が楽しめます。, 沖縄の太陽光線は、他県から比べるとかなり強くて、紫外線の照射量も気にしないといけません。 夏に比べると旅行代金がぐんとお得で、冬も人気の沖縄。常夏のイメージの沖縄ですが、12月~3月は沖縄も沖縄の冬を迎えています。とはいえ本州に比べて暖かい沖縄の冬って一体どんな感じなの?気温や服装は?この時期だから出来る遊びや観光ってあるの? 寒い冬に、日本の暖かい地域に旅行したい!と考える方におすすめなのが、沖縄旅行です。12月に沖縄旅行に行く際のおすすめコーデを紹介します。さらに、12月の沖縄の天気や気温、服装を考える際のポイントなども紹介します。ぜひ参考にして、沖縄旅行に出かけてくださいね。 沖縄への台風接近数 12月の沖縄の気温や、旅行する際の服装、おすすめなイベントなど、気になる情報をご紹介しております。 12月に沖縄旅行を計画されている方には、とても耳寄りな情報をご紹介しておりますので、この記事を参考にしていただき、沖縄旅行を楽しんで下さい。 沖縄の12月の気温と服装。那覇空港のすぐ南側に位置する瀬長島と合わせてご紹介。2002年12月撮影。TVサイト(okinawan-tv.jp)は閉鎖しました。 12月の宮古島は、本州に比べれば、平均気温もまだ15~20度ほどあるので、比較的温暖ではあります。12月でも、ウェットスーツを着用すれば海に入ることもできます。この記事を読めば、12月の宮古島のベストな過ごし方を知ることができるので、楽しい旅行になること間違いなしです。 12月の沖縄はのんびりと観光できるため、この時期を狙って出かけることもあるでしょう。 でも、12月の沖縄に訪れたことのない人には、これほど未知の世界はありません。 とくに、気温や服装、持ち物については、旅行前にしっかりと知り、準備しておきたいもの。 そして、本島南部の糸満市にある糸満観光農園ではイルミネーションイベントが開催されています。このライトアップイベントは平和への祈りを込めたものとなっており、本州の各地で行われる12月のライトアップイベントとは少々趣旨が事なります。沖縄戦で大打撃を受けた県民の祈りが込められたイベントは足を運んでみる価値がありそうです。, 12月の沖縄は平均気温は18.7度、最高気温の平均は21.2度と数字で見るとそれほど寒くはないように思われますが、数字以上に寒さを感じます。と言うのは、四方を海に囲まれていますので、風が強まりやすいこの時期は肌寒さが増します。最低気温の平均は統計情報を見ても16.3度となっていますが、体感温度はそれよりも低く感じることでしょう。特に冬至を迎える頃には寒波も襲来して北風が強まり、海上も荒れやすくなります。海の近くに出かける場合、また海の近くのホテルに宿泊を予定している場合は特に寒さ対策は必要かもしれません。上旬であれば日中に半袖で過ごしても穏やかな気候の日があり、まだ大丈夫と思える時もありますが、1月に向かうに連れて悠長なことは言ってられません。寒い地域から沖縄を訪れる方もマフラーや薄手のコートなどがあった方が安心できます。備えるべきものはしっかりと備えて出かけたいところです。 沖縄気象台によると、沖縄地方の年末年始はグッと冷え込み、荒れた天気になると予想している。30日午前6時17分、南城市糸数で最大瞬間風速26.4メートルを記録し、非常に強い北風が吹いた。今後、天気は下り坂で、本島地方では、31日は雨、最低気温は11度と1月下旬並み、最高気温 … 気温と降水量(記録) 冬の気温・降水量(12月~2月) 気温は平年値と比べた差(℃)です。 降水量は平年値に対する比率(%)です。 気象庁の寒冬基準は-0.2℃以下、暖冬は+0.3℃以上(沖縄地方の場合… 12月の沖縄は平均気温は18.7度、最高気温の平均は21.2度と数字で見るとそれほど寒くはないように思われますが、数字以上に寒さを感じます。 と言うのは、四方を海に囲まれていますので、風が強まりやすいこの時期は肌寒さが増します。 沖縄の冬の天気が気になります?2021年1月末までの旅行が対象のGo To Travelキャンペーンが行われています。コロナ感染も心配ですが、せっかくのキャンペーンですので利用してみたいですよね。私は沖縄へ行ってみたいです。しかし1月の沖縄 沖縄の冬の装いは非常に個人差が見られ、街を歩いているとそれがよく分かります。特に地元民と観光客の区別は比較的容易です。と言うのは、沖縄県民は寒がりな方が多く、12月になると、それなりにしっかりと寒さ対策をして厚着をしている方が多く見られます。その一方で、観光客は沖縄よりも気温が低いところから訪れていますので、薄着で歩いても大丈夫と感じる方が多いのです。1年の中で降水量が少ない時期ですので雨の心配はそれほどなく、それよりも風対策が大事で、ウインドブレーカーなど風を通さない生地の服装が良いかもしれませんね。 泳ぐ際Tシャツやラッシュガードを着るのもオススメです。, 沖縄旅行を計画する時に台風を心配する方も多いでしょう! 沖縄の「12月~2月」の平均気温は17~18℃。 冬や雪のイメージが強いこの時期でもこれだけの温度がある南国沖縄!しかし、常夏の気温ではありません。この時期となれば寒い日もあり、10℃台前半になることもあるので、一応コートを持参すると良いですね。使うことがないかもしれませんが、必要となったときにコートがないのは厳しいですからね・・・・。 この時期の服装の基本的な考え方は、 1、観光などで外に出ることが多いのであれば、コートを持っておこう! 2、インナーは長袖+パーカーな … Get the monthly weather forecast for 那覇市, 沖縄県, 日本, including daily high/low, historical averages, to help you plan ahead. 1月の沖縄. 冬は空気が澄んでいるため、星空が最も綺麗に見えますよね。離島のように夜の明かりが少ないところではじっくりと星空を眺められるのも魅力が感じられます。石垣島で行われる天体観望会に参加をしてみるのも、この時期の楽しみ方の一つかもしれません。, 沖縄は亜熱帯気候の高温多湿で年間の降雨量も200ミリを超えます。 12月上旬はまだ暖かさを感じる沖縄も、年末年始になるといよいよ冬に近づいていきます。12月に沖縄旅行に出かける前に知っておきたい、気温や服装、紫外線情報を解説します。 また、沖縄には各所に天然温泉があり、中にはオーシャンビューの露天風呂なんてところもありますので、ゆっくりと温泉で疲れを取るというのもありかもしれません。 そこで以下の表は過去のデータを基にデータをまとめてみました。 沖縄旅行12月の服装 まずは天気と気温をチェック! 12月の沖縄は平均が18度もあるので温かいと思いがち。 しかし、海風が強く、体感温度は下がります。 寒波が来て、海が荒れるぐらいの風が強い日は防寒対策を考えます。 那覇(沖縄県)の過去天気の実況天気では、実況天気(2019年12月)の過去の気象情報を確認できます。エリア・日付でわかりやすく整理されています。 12月の沖縄は平均気温が15度を越えるので東京に比べてもかなり暖かい気温です。ただ、冷たい海風が吹いたり寒波もあるので、tシャツだけで過ごすのは難しそうです。ここでは、そんな沖縄の気温と服装選びのポイントをご紹介します。 【沖縄の12月の気温】

カーテンレール 部品 ダイソー, 妊婦 胃もたれ ツボ, アメリカン航空 荷物 乗り継ぎ, エール 合唱 歌詞, ギャラクシー A20 アプリ一覧, Safari ホーム画面に追加 ない, Iphone マップアプリ 削除, Outlook 会社メール 設定, Ykk ポケットキー 取扱説明書, はじめしゃちょー 進撃の巨人 2期, 妊婦 胃もたれ ツボ,